MacでGitHubを使う手順 – SSH Keysの登録 / リポジトリの作成 / 基本コマンド

GitHubを使った開発を自分のMacでもできるように、今更ですがGitHubの設定を行ったので、各種設定方法についてまとめておきます。

GitHub · Build software better, together.
GitHub · Build software better, together.

GitHubについては、もう言わずもがなですね。詳細は省きます。それからGitHubを利用するには、自分のパソコンに「Gitをインストールしておく」のと、「GitHubのアカウントを作っておく」必要があります。この辺りも省略します。リンク先を参照してください。

SSH Keyの設定

GitHubを利用するにはSSH Keys(SSH公開鍵)をGitHubに登録する必要があります。

SSH Keysのチェック

まず自分のパソコンがSSH Keysを持っているかどうかホームディレクトリ配下の.sshディレクトリ内をチェックします。

$ ls -al ~/.ssh

SSH Keysがなければ以下のようなメッセージが返ってきます。

ls: /Users/maeda/.ssh: No such file or directory

SSH Keysの作成

チェックの結果、「id_rsa.pub」「id_dsa.pub」という名前のファイルがなかった場合は、新たにSSH Keysを作成します。

$ ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/maeda/.ssh/id_rsa): 

Enter passphrase (empty for no passphrase): 

Enter same passphrase again: 

Your identification has been saved in /Users/maeda/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/maeda/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
7f:90:aa:cb:1f:6d:45:40:99:50:57:07:2c:a9:f7:b0 maeda@MacBook-Pro.local
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|        .++o.+o..|
|          ooo .. |
|           ...   |
|          .oo    |
|        S o..+   |
|         + oE .  |
|        o + .    |
|     . . o .     |
|      +o.        |
+-----------------+

SSH Keysの確認とコピー

SSH Keysを作成したら、catコマンドなどでid_rsa.pubファイルを開き、中身をコピーしておきます。

$ cat /Users/maeda/.ssh/id_rsa.pub
ssh-rsa ~~~公開鍵~~~ maeda@MacBook-Pro.local

GitHubにSSH Keysを登録

GitHubにログインして、コピーしたSSH Keysを登録します。画面右上にあるGitHubメニューの「Settings」アイコンをクリックして設定画面を開いたら、「SSH Keys」の設定画面より「Add SSH Keys」ボタンを押し、SSH Keysの登録画面に進みます。

GitHub SSH Keysの登録画面を開く

SSH Keysの「登録名(Title)」とコピーした「SSH Keys」を入力し、「Add Keys」ボタンを押したら登録完了です。「登録名」は任意です。ご自由にお付けください。

GitHub SSH Keysを登録する

これでGitHubを使える準備が整いました。次はリポジトリの作成を行っていきます。

GitHubリポジトリの作成

リポジトリは、GitHub上でのソースコードの保存先となります。一般的にはプロジェクトごとに作成していきます。

リポジトリの新規作成

画面右上にあるGitHubメニューの「+」ボタンを押し、「New repository」を選択すると、リポジトリ作成画面が表示されます。

GitHub リポジトリ作成画面を開く

「リポジトリ名」「リポジトリの概要」「パブリック設定」を行い、「Create repository」ボタンを押すと、新しくリポジトリが作成されます。(ちなみにGitHubでは、リポジトリは一般公開が基本となります。プライベート設定にしたい場合は別途料金がかかります。)

GitHub リポジトリを作成する

新たにリポジトリが作成されると、以下の画面が表示されます。画面に表示されているコマンドラインを自分のパソコン上で実行するとリポジトリが使えるようになります。

GitHubの基本コマンド

GitHubリポジトリの使い方

GitHubにリポジトリを作成したら、実際にGitHubを利用してみます。ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力していきます。

ここからはGitの知識も必要となってきます。ドットインストールの『git入門』を見ておくとだいぶ理解が進むと思います。

GitHubを使うための基本コマンド

リポジトリを使うプロジェクトのフォルダに移動します。

$ cd chabin

README.mdファイルを作成します。README.mdはそのリポジトリにアップしたソースコードの説明などを書くファイルとなります。拡張子が「.md」となっているように、「マークダウン記法」で書くことになります。

$ touch README.md

移動したフォルダをgitで使えるように宣言します。

$ git init

README.mdファイルをローカル上のステージングエリアに上げます。

$ git add README.md

すでにいくつかファイルがある場合、git addの後に「.(ドット)」を指定してコマンドを実行します。サブディレクトリ内も含めた全てのファイルをステージングエリアに上げることができます。

$ git add .

“first commit”というメッセージを付けてコミット(ローカル上のリポジトリに変更点を反映)します。

$ git commit -m "first commit"

[master (root-commit) 87ebda6] first commit
 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 README.md

GitHubで作ったリポジトリをローカル上で使えるようにします。git remote add [shortname] [url]コマンドを実行します。

$ git remote add origin git@github.com:maechabin/wp-theme-maechabin.git

なぜか、怒られた…。

fatal: unable to access 'https://github.com/maechabin/wp-theme-maechabin.git/': SSL certificate problem: Invalid certificate chain

サーバー証明書のエラーだったみたいです。解決方法は以下の通りです。

最後に「Origin」と名前をつけたGitHub上のリポジトリに、ローカルのリポジトリ「master」の変更内容を反映させます。

$ git push -u origin master

ちなみに「Origin」などGitHub上のリポジトリ(リモートリポジトリ)の名前とURLを確認したい場合は、git remote -vを実行します。

$ git remote -v

origin	git@github.com:maechabin/wp-theme-maechabin.git (fetch)
origin	git@github.com:maechabin/wp-theme-maechabin.git (push)

git pushすると、以下のようにGitHubに作成したリポジトリに編集したソースコードが反映されていきます。

GitHub リポジトリ画面

GitHubの設定をする際に参考にしたサイトは以下です。

最後に、私のGitHubアカウントです。このブログのテーマのソースコードをはじめ自作のjQueryプラグインなどをアップしています。よろしかったらフォローの方もお願いしますm(._.)m

『Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール』
著者: 塩谷啓, 紫竹佑騎, 原一成, 平木聡
出版社: インプレス
発売日: 2014年10月24日
ISBN: 4844337009
⇒Amazon.co.jpで詳細を見る

コメント一覧

  1. ピンバック: GitHub導入 | koooootake

     

  • 必須

コメント