WordPress3.0日本語版にバージョンアップ!

待ちに待ったWordPress3.0がついにリリースされました。メージャーアップデート版で、開発コード名は「セロニアス」。ジャズピアニストのセロニアス・モンクからつけたんでしょうかね。

さっそくですがアップグレードしてみました。アップグレードは数秒で完了。管理パネル自体は、それほど大きな変化はないですね。インターフェースの色調がライトになったようです。

WordPress3.0管理パネルイメージ

で、セロニアスの大きな目玉としては、

といったところでしょうか。

さっそく新デフォルトテーマ、「Twenty Ten」に切り替えてみました!

今回のバージョンアップでは、テーマ制作者向けに、「カスタマイズ可能な背景、ヘッダー、ショートリンク、メニュー (もうファイルを編集しなくて済みます)、投稿タイプ、そして分類 (タクソノミー) を簡単に実装できる新しいAPI 」もリリースされたとのことですが、このTwenty Tenテーマには、そのAPIが活用されているとのことです。(確かに管理パネルから背景なども変更できるようになっています。)

HTMLのソースを確認したところ、早くもHTML5のDOCTYPE宣言が使われているではありませんか!?来る2012年3月予定のHTML5の正式勧告に向けた動きでしょうか。ただ、HTML5は別のところで試しているので、このブログはXHTML1.0でやらせてもらいます。

それから、ソースの中に「role属性」といったものが使われていることに気づきました。これはTwenty Ten以前からでしょうか???ちょっと見慣れない属性だったので、調べてみました。

XHTML Role 属性
作成者が要素に役割を与えるための属性W3C 仕様書 日本語訳より)

「div」や「span」などの要素の意味や役割を明確にするためのものですね。いわゆるセマンティック・ウェブを実現するためのひとつの手段となりえます。

例えば、IEやFirefoxなどのブラウザにrole属性に関しての機能が実装されていたとしたら、Webページにrole属性値を指定することによって、任意の表示や動きを演出することができるようになったりします。

ちなみに現在策定中のHTML5でも、このセマンティック・ウェブを重要視する傾向が顕著に現れています。Webページのheaderを表すheaderタグ、footerを表すfooterタグなど、さまざまな意味を表す要素が考えられています。

今回のアップデートで追加されたTwenty Tenで使われているHTML5のDOCTYPE宣言といい、role属性といい、WordPressもセマンティック・ウェブ、HTML5対応へと進化していくのでしょう!

コメント一覧

  • 必須

コメント