待ちに待ったApple iPhone 4の登場!(WWDC 2010感想)

Appleの開発者向けサミット「WWDC 2010」が開催され、次世代iPhone、その名も「Apple iPhone 4」が発表されました。

Apple iphone 4

昨日の夜は「Ustream」で行われていた実況を聞きながら、「Engadget」をチェックし、リアルタイムでWWDCでの発表を追ってました。

昨年のWWDCの時も同じようなことをしていましたが、去年はブログでの確認がメインでしたが、今年はUstreamやらTwitterやら…。1年も経つとやはり時代は進展しているということを実感しますね。

さらに驚いたことにUstreamで実況をされていたのは、なんと中学生の少年。iPhoneアプリの開発者ということで、最近よくテレビでも見かけるスーパー中学生Tehuさん。その実況がまた堂々とされていて、すごくしっかりした中学生だなと関心しました。

で、新しく発表されたApple iPhone 4ですが、これがカッコよすぎるのなんの…。こういうシンプルな感じのデザイン、すごく好きです!!

新たな機能もたくさん発表されました。その中でも私の個人的な注目点としては、こんなところでしょうか。

  • LEDフラッシュ付き5メガピクセルカメラ
  • HDビデオ対応とiPhone用iMovie
  • 高解像度Retinaディスプレイ
  • テレビ電話対応

特に「Retinaディスプレイ」というのが凄そう!ピクセル数は、これまでのiPhoneの4倍という高精細であり、それは人間の網膜で認識できるレベルをはるかに超えているとのこと。とてもなめらかな画面の表示を可能にするということです。いやすばらしい。

発売日は6月24日(木)ということです。ちょうど休みを24、25日に入れました。一応、いつでも買えるようしておきます!

コメント一覧

  • 必須

コメント