ピアノを購入して1週間!その感想は?(「CASIO Privia PX-7WE」レビュー)

今日は休みでした~♪iPadも発売されましたねー!最近の休みの日の過ごし方は、ピアノ弾くかドラクエやるかって感じです。

前回の投稿『ピアノが我が家にやってきました!!』で書いたように我が家にピアノが来てから、1週間ほど立ちました。時間があれば毎日のように弾いています♪といっても、かなりのブランクがあるので、最初は指が思うように動きませんでした…

1週間ほど弾いてみての感想ですが、CASIO(カシオ)のPrivia PX-7WE、今のところ「すばらしい」の一言です。

鍵盤」は、重すぎず、軽すぎず、私のように趣味で弾きたい人にはちょうどいい重さではないでしょうか。また、低音から高音にかけて、鍵盤が軽くなっていく、アコースティックピアノの鍵盤の特性をうまく再現していると思います。

電子ピアノの鍵盤にこの特徴が取り入れられたのは、10年ほど前くらいからだと思いますが、この価格帯の電子ピアノでも、こんなに立派な鍵盤で弾けるようになったんですね~。ツヤ消し仕上げなところも高級感があって、うれしい点です。

」については、カシオのサイトによると、「世界的に有名なメーカーのフルコンサートグランドピアノの原音から、最適な4つの強弱音をサンプリング」ということですが、「スタインウェイ」の音でしょうか。私の素人耳には、もう十分すぎです。音色もピアノの音を含め、オルガンやエレピなど16音入っていたことも、ピアノの音だけでも良かったと思っていたので、うれしい誤算でした。

それから、60曲収録の楽譜がついていました。で、凄いのが、その60曲がデモ曲として、ピアノに内蔵されています。そして右手パートの音を消したり、左手パートの音を消したり、テンポを変えたりできるので、いろんな練習ができます。

この収録されている曲も、また定番の曲が多く、大変取っ付きやすいですね!私も以前に弾いたことのある曲がたくさんあります。

復習がてら、まずは小節数の少ないこの当たりから弾いています♪

  • ブルグミュラーのアラベスク
  • ショパンのプレリュードop28-7
  • バッハのメヌエット
  • ジムノペディ

もう少ししたら、超定番のこの2曲をきちんとさらってみたいと思っています♪

  • モーツァルトのトルコ行進曲
  • エリーゼのために

とにかくもうこの歳では難しい曲に挑戦するのも大変なので、簡単な曲でも、表現力豊かに弾けるように心がけたいと思っているところです。以前は、ただ単に音符だけを弾いていた感があるので…

それにしても、こうしたクオリティの高いピアノが10万円以下で買えることはすばらしいことですね。ピアノ人口の裾野を広げるのに、大変一役を買っていると思います。私のように趣味で弾くには十分すぎると思います。

その他、パソコンにUSBで繋げたり、録音できたり、ペダルも3本ついて、しかもハーフペダルにも対応しているし、スライド式鍵盤カバーもありがたいです。

大切に弾いていきたいと思っています♪月に1回くらい録音会でも開いて、弾いた曲をアップしていければいいかな!!

casio Privia PX-7
CASIO 電子ピアノ Privia プリヴィア PX-7WE
鍵盤数88標準ピアノ形状鍵盤 ホワイトウッド調 【30周年記念限定モデル】
⇒詳細はAmazon.co.jp

コメント一覧

  • 必須

コメント